みやぎの明治村(登米市)

観光

宮城県北東部の登米市(とめし)にある登米町(とよままち)地区には、明治時代(1868年~1912年)の建物が現存し、古き良き日本の町並みが残っています。中でも教育資料館は明治期の小学校を使用した施設で、昔の小学生の授業風景などが再現されています。

また、近年建てられた伝統芸能伝承館の能舞台や登米懐古館は、世界的な建築家 隈研吾氏が日本の伝統建築のデザインを取り入れて設計したもので、自然に町並みに溶け込む建築として高い評価を受けています。


エリア
ホームページ
http://